人気ブログランキング |
<   2006年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
窒素補充ついでに
a0024702_1619344.gif
近くのオートバックスで窒素を充填してもらった。別に空気を入れてもいいのだけど、気持ちだから。
充填後は、オートバックスに行くまでとは曲がるときの感触が全然違う。
やはり空気圧は大事である。
そのまま、ハウス!も何なので、ぶらっとポタリング。(バイクでも使うことにする)
町見物、人見物である。
色んな町があるし、色んな人がいるなあ。今更ながらに。

いやしかし、走った跡が後からわかるのはたいへん楽しい。
今日も勘違いが一箇所あったし。
by aloha_strada | 2006-01-15 16:30 | のりまわす
ACCUTIRE デジタル・エア・ゲージ
a0024702_8293049.jpgここのところ走ってて何となくフロントタイヤがおかしいと思っていた。まあ、空気圧でもチェックと思って測ろうとしたら、持ってるエア・ゲージの形状じゃ測りづらい、てか測れない。イタリア自動車雑貨店に寄ったついでに、ACCUTIRE デジタル・エア・ゲージを購入。別にこれが良かったわけではなく、これしかなかったので。
オート オン・オフだし、デジタルだし、使いやすい。老眼進行中の身としては、目盛読むの辛いのよ。
で、早速測ってみたら、フロント:1.4 Kg/cm2 リア:1.9 Kg/cm2
なんじゃそりゃー
オーナーズマニュアルによると、
フロント・タイヤ : 220 kpa (2.2 bar - 32.3 psi)
リア・タイヤ : 240 kpa (2.4 bar - 35.2 psi)

圧倒的に低い。
窒素にしてるから、温度の変化に対して空気圧の変化量が小さいはずなのに。
圧倒的に低い。
窒素増量しなきゃなあ。でも、ディーラーは遠いしなあ。近所のオートバックスで入れてもらうか。やってくれんのかなあ。
by aloha_strada | 2006-01-14 08:50 | 整備
ツーリングの友
a0024702_8334652.jpg山道を自分なりにがんばって走るときは何も聞こえちゃいないが、海辺や街中を走るときは必須。
冬、外側のジャケットのポケットに入れておくとバッテリーがすぐになくなるので、身体に近いところに入れて(インナーの胸ポケなんぞが最高)体温で暖めつつ使用するのが、冬のTips。

クールに落ち着いて
温度がとても低い環境でiPodを再生する場合も、バッテリー寿命が短くなります。ただし、高温環境とは異なり、これは一時的な現象です。バッテリー内の分子が温まれば、バッテリー容量は元に戻ります。
http://www.apple.com/jp/batteries/より

by aloha_strada | 2006-01-13 08:40 | 人の装備
mio 168RS を Mac OS X で、そして移動軌跡表示。
a0024702_6415894.gif

GPS レシーバー標準搭載で、mioMapでGPS ナビゲーションも出来て移動履歴も取れる非常に便利なmio 168RS は、Windows Mobile 2003 Second Edition for Pocket PC なんてのを使ってるので、Windows マシンの方がいいにきまってる(きっと)。だけど、悲しきMacしか持っていないマックさんとして、Mac OS X 10.3.9でも使えないことはない。

■データのやりとりは、The Missing Sync for Windows Mobileで出来る。

■トラック・ログ表示は、GARMINと、カシミール3Dというのが一般的らしい。悲しきマックさんには辛い状況だ。しかも、GARMINの機器ではなく、mio 168RSから、NMEALOG.TXTというファイルを取り出して使うという状況なのでなお辛い。しかし出来ないこともないから、やりたくなる。乗り越える壁が大きければ得る感動も大きいに決まってる。(のか?)

■トラックLogの表示は、MioMapの メニュー>システム>設定 の「移動履歴を保存する」をチェックすると、movelog.csvというファイルが Mio168 の temp フォルダーに生成される。おおざっぱ(移動履歴の保存間隔が1分なので、結構履歴が飛ぶ)でよければ、The Missing Sync for Windows Mobileでシンクして、movelog.csvをMacのほうにコピーして、Jedit Xなどのテキストエディタでmovelog.csvを開き必要な箇所を、「movelog.csvを読み込んでGoogle Map の機能で軌跡表示出来る」サイトがあるから、そこで楽しむ。

■更に楽しむにはVirtual PCが必要になるけど、FrogBlog: MioMap1.3Jをさわってみたを参考に、NMEALOG.TXTを取れるようにする。こうしておくと、Storage Card のフォルダ内にNMEALOG.TXTが生成されると同時に、temp フォルダーに movelog.csv も生成されるので、チェックしておけば両方のファイルが使えるから便利。しかし、長距離を移動すると結構な大きさのファイルが2つも出来るので、メモリが足りなくてmio Map がフリーズすることもあるらしい。

■NMEALOG.TXTを、それぞれのアプリケーションで読み込める形式にコンバートする道具がウィンドウズのものしかないので、Virtual PCが必要になる。
Mac OS X 用のコンバートツールを捜したけど、なかなか良いのが見つからない。
MacGPSBabel-1.2.5というのがあるけど、Mac OS X 10.3.8では動いてるらしいが、Mac OS X 10.3.9ではセレクト・インプット・ファイル・タイプとセレクト・アウトプット・ファイル・タイプのメニューが表示されないため使用不能だった。
※システム環境設定で言語環境を「英語」にして再起動して、MacGPSBabel-1.2.5を起動させたらメニュー表示は可能になったが、GPX XMLへの変換はうまくいかない。ここに、デバッグのことが書いてあるみたいだが、よくわからん。

FlightTrackというなかなか楽しいアプリがあって、これで読み込むには、NMEALOG.TXTをGPX XMLの形式に変換しないとダメみたい。MacGPSBabel-1.2.5が動けば問題ないのだがダメなので、gpsbabel-1.2.8-betaをVirtualPCで使用。変換後FlightTrackで読み込めば、軌跡をプレイバック出来たりしてなかなか楽しい。
ここで知りました。

■このへんのことは、カシミール3Dなら当然のことかも知れないが、VirtualPCでカシバードというものが、ビデオカードの関係からかウチのPower Mac G4 867MHz+GeForace2MX じゃまともに動かないのでダメなの。

■更に、GoogleEarthなんて素敵なものも、ウィンドウズでは動くらしいし。GoogleEarthは、Mac版も開発中とのことだけど、何時になるのやら......。

安いデスクトップPC機(5万円ぐらい)を買って Remote Desktop Connection Client for Macで遠隔操作して楽しむという方法もあるらしいけど、どうなんだろう。これなら、ディスプレイやキーボードなしで、本体だけ買えばMac OS X側から遠隔操作出来るのか?

■トラック・ログ表示にはまりきっているので、Mac OS X 唯一の地図アプリプロアトラスX2を購入。プロアトラスX2で、トラック・ログ表示が出来るかと思っていたんだけど、出来なかった。が、ひょんなコトからとりあえずの表示は出来ることがわかった。
VirtualPCで汎用ログデータコンバータ gpslogcv V0.38を使い、NMEALOG.TXTをMSS/MPSa(ProAtlas 2000以降で使用できるMapServerScript形式。)というのに変換して、プロアトラスX2で開くと、矢印付の線でトラック・ログが表示された。色分けされてるんだけど色の意味がわからない。
a0024702_6365457.jpg

今、汎用ログデータコンバータ gpslogcv V0.38の扱えるファイルの表を見ていたら、
LOG R/W T ProAtlas GPSドライバのログ形式。GPSドライバのログ再生で地図上に表示できます。ただし、ログ再生ですので、結構、時間がかかります。また、表示できるポイントに制限があるのであらかじめ間引いておくと良いでしょう。
というのがあった。今度試してみよう。

■NMEALOG.TXTを汎用ログデータコンバータ gpslogcv V0.38で、
MTK/TRKm R/W T MapFanIIのログフォーマット。ProAtlasと同じくログ再生なので制約があります。ポイント数が750と少ないので間引きは必須でしょう。PCX5の.TRKと混同しないようmtkと呼んでいます。
に変換して、プロアトラスX2と連携してるGPSeXで、インポートすると移動履歴を再現できる。

■そんなこんなで、トラック・ログはとても楽しい。

これで、絵を描いてる人もいるらしいから。
by aloha_strada | 2006-01-11 09:48 | GPS Days
新春徘徊
a0024702_7573243.gif
ちょっと晴れたので、いつもの東京湾岸コースを巡った。
空いているので気持ちがいい。
羽田あたりで突風にすっ飛びそうになったり、箱根駅伝のパイロン撤収に遭遇したり、その後ゴール付近まで行ってみたり(ポイントは、箱根駅伝ゴール)楽しかった。
1度も降りることなく、約2時間、80km。
寒かったけど。
今年もこんな感じかな。
by aloha_strada | 2006-01-04 08:03 | のりまわす