ガソリン残量表示
a0024702_52939.jpgバカだバカだとは聞いていたけど、これほどまでとは思わなかった。
先日の初乗り210kmの時、150kmぐらい走って残量が1/3ぐらいになったので、関越に乗る前に給油しようと思ったが、エネオスが見つからず、(いつもエネオスで入れるようにしている、たいした意味はないけど。)仕方なくそのまま関越に乗った。
高速を走ってしばらくすると、残量警告灯がオレンジに煌々と点灯。
オーナーズ・マニュアルには、燃料警告ランプ:燃料タンクの燃料が約6.5リットルになった時に点灯。とある。
1リットルで20km走るとしても、あと120kmは走れるから別にいいんだけど、休憩もかねてS.A.で給油。

そしたら、なんと、7.5リットルしか入らないよ!
20リットルはいる燃料タンクの半分以下!
残量より給油量の方が少ないよ!
「約」6.5リットル使ったら点くのかよ!

いくらイタリア式でも、いくらラテン式でも、程があるって。

燃料計に頼らずに、走行距離が約200kmになったら給油するようにしてて、200km前にガス欠になったっていう話も聞いたことがあるし・・・。
何を頼りにしたらいいのか?

ちなみにF650CSの時は、かなり正確だった。
16リットルはいる燃料タンクで、警告灯が点灯すると残り6リットルなんだけど、給油するとだいたい10リットルだった。
てか、それが普通。

運転中に変にストレスをかけないで欲しいものです。
そんなボロな計器なら無い方がいいのに。
出来ないことは無理してしない方がいいよ。迷惑だよ。
リザーブ付けた方がよっぽどまし。と思う。

まだ300kmチョイしか乗ってない、1度目の給油の感想でした。

※今も残量警告されてるけど、100kmぐらいしか走ってない。次の給油で何リットルはいるか楽しみなモンだ。そういうことか?
[PR]
by aloha_strada | 2004-06-16 05:30 | のりまわす
<< デミタス・カップ タンク・バッグ その後 >>